コンソーシアムの目的と概要

J-NECTARの目的
臨床研究に関する知識基盤と専門性の高いスキルの両者を併せ持ち、国際レベルの臨床研究を実施できる「臨床研究者」「研究支援人材」の養成を目的とします。 同時に、そのための人材育成プログラムの開発と実施の過程で、従来、特定の治験支援機関に頼ってきた臨床研究を、医療機関(大学等の研究機関)主体に転換することを推進、支援します。
J-NECTARの組織
人材育成プログラムを効果的に行うため、慶応大学、順天堂大学、北里大学を中心とした三医学部・医学研究科と一薬学部・薬学研究科により、臨床研究に必要な学問領域を専門とする大学の教育・研究者と関連機関で、研究を支援する実務家との密接な連携に基づく、教育コンソーシアム(J-NECTAR)を形成します。
J-NECTARの取組
わが国において、EBM(Evidence-Based Medicine)を推進していくために、臨床研究に携わる人材の育成プログラムのイノベーションを図り、エビデンスの創出を担う人材を養成する必要があります。J-NECTARでは、米国の公衆衛生大学院で教育を受けたメンバーを中心に,欧米・アジアの教育・臨床研究機関との国際交流を推進し,国際レベルのインテンシブ・コースの開講と、大学病院等におけるOJT教育を中心とした臨床研究者・研究支援人材育成プログラムを,生涯教育,大学院教育,学部教育の各ニーズに合わせて提供します。

J-NECTARでは、具体的に次の取組みを行います。
  • (1)下記に掲げる人材を養成する教育プログラムを開発、運用することにより、その妥当性と有効性を検証します。
    ・国際レベルの臨床研究を実施できる臨床研究者
    ・研究支援人材(データマネジャー、生物統計家、リサーチコーディネータ)
  • (2)下記を目標に教育プログラムを実施します。
    ・臨床研究者:日常の臨床活動と密接に関連した臨床研究を実践する専門家の育成と臨床研究に基づく学位取得。
    ・研究支援人材:主として企業に育成を依存している現状を大学等教育、研究機関主導に転換。
  • (3)教育プログラム実施の過程で、産・官・学の人材交流を促進します。
投票数:82 平均点:10.00